東京<菊廼舎本店>冨貴寄 七夕缶「夏恋歌」

恋する2人が今年は逢えるように願いを込めました。色とりどりの金平糖は天の川、幸せの黄色い雲平には織姫と彦星を描きました。和三盆糖のピンクの貝は人魚です。海辺の人魚も祝福しています。
明治23年創業。歌舞伎座のそばで売り出した歌舞伎煎餅は、大評判になりました。大正後期、二代目が茶事の干菓子をヒントに考案した『冨貴寄』は、現在でもロングセラーです。
※ご進物・熨斗紙のご用途は承れません。すべてご自宅使い配送にて承ります。予めご容赦ください。
価格:1,728円
取扱:三越オンラインストア

京都<俵屋吉富>七夕祭 【三越・伊勢丹/公式】
4色7個の干琥珀は「北斗七星」、5色を重ねた押物は、美しく夜空を彩る「天の川」、3色の彩りで仕上げた金平糖は銀河に広がる星々をイメージしました。それぞれの干菓子を七夕の夜空のように盛り付けて楽しめる創作干菓子です。 ※画像はイメージです。
価格:972円